素敵な花嫁と呼ばれるウエディングドレス

女性の憧れのウェディングドレス誰よりも美しく着こなすための情報をお届けします。

TOP 引き出物と気遣い

目次

  1. 引き出物と気遣い
  2. 結婚式での引き出物について
  3. 結婚式で失敗しない引き出物の選び方
  4. 引き出物は結婚式の帰りに渡す
  5. 結婚式における引き出物の導入
  6. 新しい引き出物は体験カタログギフトで
  7. 引き出物の値段設定はどう考えるか
  8. 感謝の気持ちを込めた引き出物

引き出物と気遣い

友達を結婚式に招待する事は多いかと思います。また、ゲストの中には、結婚式の受付や写真を撮ってもらうなどお手伝いをお願いする人も中には出てくる事でしょう。

その様な人にはお礼の気持ちを込めて、引き出物と他にも何かプラスアルファとして、簡単な贈り物を添えるのもいいですね。

周りにいるたくさんのゲストの事を考慮すると、お手伝いしてくれた人だけ、何かを渡すというのが難しい場合には、引き出物とは別に、後日贈るという方法もあります。

また、自分達の挙式のお手伝いをしてくれて、ありがとうと言いたいですね。そうすれば、新郎や新婦以外にも、たくさんのゲストが満足してくれる事でしょう。

結婚式での引き出物について

結婚式での引き出物については、日本の伝統的なものやブランドのもの、流行のものなど、さまざまなものがあります。このようななかから選ぶ事はむずかしく、新郎新婦によっては、迷ってしまうケースも珍しくはないでしょう。

そのようななかで気をつけたい部分は、その地方特有のマナーやしきたりなどです。結婚するからには相手の家族においても、しっかりと配慮しなければいけませんし、目上のゲストにも失礼のないようにしなければいけません。担当のプランナーさんにしっかりと引き出物事情を聞いたあとで、品物や方法などを決めていくといいでしょう。

関連記事

結婚式で失敗しない引き出物の選び方

結婚式に参加してくれた方への引き出物、ありとあらゆる種類があり、何が良いのか悩むことでしょう。これは自分のお祝いをしに来てくれた方に対する感謝の気持ちでもあるので、せっかくなら喜んでもらえそうなものを選びたいですよね。

そこで、まずは選ぶ際に注意すべきこと、失敗例をきちんと押さえておきましょう。喜ばれないものにはそれなりの共通点があります。例えば、重い・かさばる・新郎新婦の写真入りなどわかりやすいものから、配慮に欠けたものまで、NGにはそれなりの理由があるものです。

そこで、そういったものを避けて、新郎新婦ならではのアピールができるもの選ぶことを心がけましょう。

引き出物は結婚式の帰りに渡す

最初の段階で渡してしまうと、管理することがかなり難しくなってしまうので、大体終わりになったら渡すようにします。また出口のところで渡していることが多くなっており、かなり重いものを持っていくことになりますから、誰かが手伝っていることも多いでしょう。

引き出物は、渡すタイミングによって、その人がいいと思っているかどうかも変わってきます。いいと思われているタイミングをしっかり理解して、なるべく問題が起こらないように調整していきます。

意外とタイミングを間違えてしまうと、結婚式にも響くところがあります。引き出物のタイミングには注意です。

結婚式における引き出物の導入

ウエディングの計画を立てようとしているカップルにとって、数ある準備項目の中でも悩ましい問題に、引き出物が挙げられます。

一人ひとりに合わせた品物選びを行う事は難しく、特に多くの招待ゲストが来場する結婚式の場合などにおいて、どのように対処すべきか迷いがちでもあります。

タオルや食器などが定番となる中、思い思いの品物が受け取れるサービスが展開されるようになり、ウエディングにおいても気軽に取り入れられるよう工夫されています。会場から自宅まで配送してもらえるサービスなどのオプションも充実しており、気軽に利用できます。

新しい引き出物は体験カタログギフトで

結婚式の引き出物としてカタログギフトが贈呈されることが珍しいことではなくなり、一般に定着してきています。ところが、あまりにもカタログギフトが重宝されすぎて、誰の結婚式に参加してもカタログギフトばかりもらうようになってしまいました。

これではつまらないので、カタログギフトの中身を変えてみると良いかもしれません。通常、カタログギフトは何らかの物を対象にしていますが、世の中には体験を対象としたカタログギフトが存在します。例えば、自分ではなかなかスカイダイビングには行かないかもしれませんが、これがプレゼントだったらどうでしょうか。引き出物でこのようなサプライズもできます。

引き出物の値段設定はどう考えるか

結婚式では縁起をかつぐため、忌み言葉を避けるほか、引き出物についても贈る品数を奇数にするという傾向にあります。値段相場は五千円から八千円前後となっており、友人や同僚では五千円、上司には八千円、夫婦で参列してくれた場合には一人分の予算の1.5倍から1.8倍程度を渡すのが多いようです。

頂くご祝儀も関係性によって変わりますから、友人、上司、親族の順に予算を上げていくのが一般的です。また、親族から式前にお祝いを頂いた時には、その額に見合った記念品を用意することが望ましいでしょう。限られた予算の中から、参列者への感謝が伝わるような素敵なものを選びましょう。

感謝の気持ちを込めた引き出物

結婚式を行う際に欠かせないのが、参列してくれたゲストへの引き出物です。ゲストたちに贈る個数や内容は地域によって異なる場合があるので、事前にしっかりと調査しておき、失礼の無いように配慮しなければなりません。

お皿やマグカップ、ペアグラスなどの食器やタオルなどとお菓子を合わせるこどが一般的ですが、近年は荷物にならないカタログギフトや電子版カタログギフトも普及してきています。カタログギフトを引き出物にするメリットは、相手が好きなものを選べるので気に入らないものを送ったり、被ることが少ないので人気を集めています。

メニュー

ウエディングドレスHOME   ウエディング   ウエディングドレス   結婚式引き出物   引き出物   結婚式場   京都結婚式場   美容整形   アンチエイジング   美容外科