素敵な花嫁と呼ばれるウエディングドレス

女性の憧れのウェディングドレス誰よりも美しく着こなすための情報をお届けします。

TOP 引き出物 結婚式引き出物 引き出物と酒

引き出物と酒

普段からお酒をたしなむのが好きな人であれば、ぜひ結婚式の引き出物においても、お酒がもっと楽しくなりそうな物を贈ってはいかがでしょうか。

中にはお酒がダメという人もいる可能性がありますので、ゲスト一人一人の事をよく考えて、引き出物を考えたいですね。

例えば、最近では割れ物も結婚式で送られる機会が増えているみたいですので、ワイングラスやワインの栓を開けるためのオープナーを選択する事もできますね。

また、ワインラックなど、贅沢品やユニークな物はきっと、お酒好きにはたまらない一品となる事でしょう。この様にゲストの好みがはっきりと分かっている場合には、選びやすいのではないでしょうか。

引き出物は結婚式のお礼です

引き出物は結婚式に参列してくれたゲストに対し、お礼の気持ちを表す品として渡すものです。新郎新婦の趣味趣向を押し付けるのではなく、ゲストの方が喜んでくれる品を渡すようにしましょう。

昔は、引き出物といえば参列してくれたゲストの家族の為に、結婚式で提供した料理の一部を持って帰ってもらい食べてもらうのが一般的でしたが、式場の多様化により最近では料理を渡すことをしなくなっています。

現在では、ゲストに対し一律でお返しの品を渡すのが主流で、もらってうれしい物を新郎新婦が自ら選んで、選択をするようになっています。

結婚式の引き出物の内容

結婚式の引き出物の内容については、時代とともに変化されていることがあげられます。

以前は大きく記念品のようなものが主流でありましたが、最近ではコンパクトでありながら、高級感のあるブランドものを引き出物にセレクトする新郎新婦が増えています。

人によっては贈りわけなどを行なっているケースもありますが、結婚式にはその他の事柄もきめなくてはなりません。式の準備を完璧にしようとすることも大切なことではありますが、きりがないこともあげられますので、そのようなことをしっかりと考え、対応していくことが大切でしょう。

結婚式の引き出物の由来や歴史

引き出物というと、結婚式に参加してくれたゲストへの「お礼」として贈るものという印象が強いですが、もともと、その歴史は古く、その昔、宴の招待主が招待客へ「お土産」の馬を庭先へ引き出して見せたことが、名前の由来だと言われています。

お礼ではなくお土産なので、誰にでも同じものを贈っていました。最近では「お礼」や「記念品」としての意味合いが強くなり、どんなものが喜ばれるか悩んでしまったり、ゲスト一人ひとりに違った品物を贈り分けするカップルも多いようです。また、それぞれの地域ごとに、異なる風習やマナーなどもあります。

結婚式の引き出物は目出度い物を

結婚式の引き出物として選ばれやすいのが、冊子を購入した代金の品物が受け取れるギフトカタログが主流となってきました。その他にも、昔では「割れる」ということで縁起の悪かった食器やグラスも多く、現在では昔と違ったものが選ばれています。

結婚式という祝いの行事であるので、鯛の形を象った餅菓子もありました。今では、餅菓子ではなく洋風なお菓子になっていたりと、鯛を象るものが色々な形となって変化しています。お目出度いという言葉にもかけて、鯛が選ばれているのでしょう。引き出物を選ぶ際に、デザインもそうですが贈る意味を考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

メニュー

ウエディングドレスHOME ウエディング ウエディングドレス 結婚式引き出物 引き出物 結婚式場 京都結婚式場 美容整形 アンチエイジング 美容外科